株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年12月17日
ブログ

中野区大家さんの空室の悩み解決,社会の変化賃貸経営戦略の変化

中野区も少子高齢化、外国人の増加の例外ではありません。さて、中野区賃貸経営の一番重要で危険なものは、なんでしょう?

中野区はの本の大都市東京のさらに商業地近郊の中心的な住宅街です。

本来空室は出ない地域です。

賃貸経営でもっとも重要で危険なもの

中野区の大家さん、これから賃貸経営をしようとする地主さん            
そーです。空室です。

空室は、なぜ最重要で、危険?

賃貸経営は、会社と同じです。
会社にとって最重要は売り上げですね。

賃貸経営では、家賃です。家賃の最大化は、満室です。

反対に最も危険なものは、空室です。



空室の危険な理由?

症状が軽いうちは、自覚症状痛みがなく、気が付いたとき痛みが出たら

手遅れだからです。

空室は最初は大問題にしませんが、4か月5か月となると家賃月10万でも

40万50万がごみ箱に消えたようなものです。

あとでわかります。

プロは先手を打つ、空室対策 初心者は結果が出て痛みが出て重い腰を上げる

プロは痛みが出ないように先手を打ちます

初心者は痛みが出て初めて重い腰を上げます。

空室と家賃下落はワンセットでダブルパンチで大家さんに打撃

空室はプロが意識過剰となるのは、家賃下落とワンセットだからです。

いずれもお客様に嫌われているということです。

人は誰しも理性より感情に流されます。

売買でも賃貸でもほしいものを買います。

不動産は衝動買い、衝動借りが本質です。

 

家賃保証していても影響大 次回の更新時の保証額の下落

家賃保証は根本的な対策になりません。

過去2年の運用実績で新規の2年の借り上げ家賃が決まります。

空室があれば家賃保証の金額見直し時に下がります。

中野空室対策、募集対策、リフォーム対策実践相談会実施中

中野駅北口徒歩7分の弊社事務所で実践的な結果が出る空室対策

相談会を実施中です。

ご希望の方は、電話かメールで相談ください。

弊社管理物件のお大家さんはどうやって空室対策を行い

満室経営を行っているか?

建物は古いのにどんな対策を行っているか

空室対策のリフォームは金額は?内容は?

運用結果は?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 

株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward