株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年11月04日
ブログ

不動産の疑問解消 不動産売買で最重要な確定測量図

不動産売買取引では日常使わないものが多いですが、今日は最重要事項でもあり

売買契約の最重要項目の一つ確定測量図についてお話ししましょう。

私も30年近く不動産売買の現場にいますが測量が原因の不動産トラブルには何回も

会っています

不動産売買専門家が最も心配なのが確定測量成功失敗

不動産売買で当事者以外の人が関係するのは、測量です。

このため当事者間ではどうにもなりません。

測量には自分勝手に測量する現況測量と正式測量の確定測量がある。

測量には3種類あります。

このうちの大きな本質的違いに注目して2つに分類できます。

一つは自分の勝手に現況の測量したもの

一言でいうと正確な根拠なく、概算測量です。

もう一つはきちんと隣接する境界についてすべての所有者の

承諾を得て正確に測量したものです。

もちろん正式に使用できるのは確定測量図です。

地積測量図は最近のものは正式測量である確定測量をもとに作成される

正確に言えばもう一つ地積測量図というものがあります。

これは、法務局に備え付けられているものです。

最近のものは確定測量図をもとに作成されますので

信用性が高いものです。

 

同じ地積測量図でも古いものは信用性は低いは常識

同じ地積測量図でも、最近のものは信用性が高いものですが

古いものは、信用性が低いと考えるのが常識です。

測定機械も現在のものとは大きく異なり

現況も長い年月で変化している可能性も大きいと思われます。

中野で売買測量実践相談実施中

一般の方が、売買の重要な要素である測量のことは

詳しくないのは普通です。

疑問点や悩みがあれば中野で売買関連分野の実践相談会を行っています。

電話かメールで予約ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward