株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年10月29日
ブログ

実践的中野不動産相談不動産トラブルの実態と原因及び防ぎ方

不動産トラブルは実際起きています。

私の30年の実体験でも実際に巻き込まれた

巻き込まれしそうになった経験は1回2回ではありません。

大手不動産会社の仲介でのトラブルも多いですね。

今日はその実態についてお話しします。

そもそも不動産トラブルとは何でしょう?

一言でいえば契約前の説明より結果が悪くなることです。

事前説明がよい 結果が悪い トラブル

事前説明がない 結果が悪い トラブル

 

事前説明で悪いことを説明 結果が予想通り悪い トラブルではない

きちんと調査しきちんと事前説明すれば不動産トラブルは99%以上は防げます。

やむを得ない契約後に発生したトラブルを除き

きちんと調査してきちんと事前説明していれば

不動産トラブルは防げます。

 

なぜ不動産トラブル?誰が引き起こしている?

実際不動産の契約書や重要事項説明書をだれが作っているのでしょう?

事前説明は誰がしているのでしょう?

ほとんど不動産会社でしょう

不動産会社がきちんとしていればトラブルはほとんど発生しません。

不動産会社がトラブルを起こしている例も多くあります。

しかしお客様がトラブルを起こしているケースもあります。

しかしどんなに注意していても相手が詐欺集団だったりの例外的な特殊な場合は

防ぎきれません。

売買当事者が専門的に契約を理解するのは難しい

売買の当事者が素人の方の場合、契約書や重要事項を専門的に

理解するのは難しいのが現実です。

このために仲介会社に依頼します。

ただし残念ながら仲介会社のすべてが依頼者に代わって専門的に

仕事をするわけではありません。

マニュアル書に従って表面的な仕事をしている不動産会社が

大半でしょう。大手不動産会社はほとんどマニュアル方式です。

契約書が机上の空論はトラブルになりやすい

契約書が机上の空論やキャッチ不レースのような契約書は

トラブルになりやすいものです。

しかしマニュアル書には何が何だかわからない

いちいち協議しないと決まらない契約書が多いようです。

実際の実務に即して現実的に責任をもって行える契約書でなければ

ならないのは基本中の基本です。

契約書は具体的で明快に 協議で事前に合意したことを書く

契約書を勝手に各不動産会社はトラブルがいつ起きても

不思議ではありません。

本来の契約書を全く無視しているからです。

契約書は今日での具体的な合意事項を書くものです。

不動産会社が勝手に書いて、何も説明しないで

署名捺印させることは悪徳不動産会社です。

大手不動産会社でも同じです。

契約前までに十分相手方の不利益事項を協議し合意に至ってから重要事項説明を最終確認して

これは当然優良会社は行っていますが

当事者に不利益事項があれば事前に十分協議します。

合意に達したうえで重要事項及び契約書を

その合意事項に基づいて作成し最終確認します。

到底2時間3時間では終わりません。

数日かかります。

事前の説明も口頭説明だけでなく、文面説明し署名をいただきます。

これが普通のやり方です。

中野で不動産取引実践相談実施中

不動産取引は当事者に専門知識がないのが普通です。このためだれか

専門知識のある人に相談しながら行わなければ不動産トラブルの可能性が

出てきます。

仲介会社がきちんとやってくれるか?

一部きちんとしてくれるところもあります。

30年近く不動産取引の現場にいてあまりあてにはできない感じはします。

やはり仲介会社のいうことをうのみにしないで

自分で調べるしかないのではと思います。

不安なら中野駅近くで実践相談会を行っています。

予約制ですので 電話かメールで予約ください。

留守の時は折り返し連絡します。

不動産トラブルを防止する方法 実戦的な専門家の仲介

トラブルの可能性があるところには近づかない

マニュアル方式には近づかない。

きちんとした専門業者で不動産取引を行うのがよいと思います。

東京でも専門業者は非常に少ないですが存在します。

少し話すと全く違います。能力が全く違います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward