株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年09月14日
ブログ

不動産トラブルは実態を知らない広告上の専門家という人が行うことで発生する


不動産トラブルは、事前に想定したことが

実行できないことで発生します。

たとえば建築なら高低差が大きければ

隣接した狭い土地では同時に建築するのは

工夫しないとほとんど不可能です。

このことを事前に土地購入者に説明していないのです。

なぜでしょう?不動産取引した人が建築のことに対し

全く知識がないからです。

 

広告上の自称専門家の多くは実態は素人の人も多い


不動産取引をする方がだれを選定するかは自由です。

媒介依頼の自由です。

このとき多くの人が広告を参考に選定するでしょう。

しかし広告は必ずしも正しくないという現実があります。

自分で本当に専門家かどうか確かめる必要があります。

 

本当の専門家は今でもあまり広告していない


多くの専門家の方とお付き合いしていると

意外と実力のある本当の専門家の方は宣伝していません。

なぜとお聞きすると

今のお客様だけでも十分

お客様の内容が事前にわかる紹介のお客様

だけ行うということでした。

選定した人が本当の専門家かどうかは意外と簡単にわかる方法


自分で簡単に質問してみればいいのです。

たとえば自宅の建築であれば

単なる土地取引のみの経験者か?

建築実務まで行っていたのか?

マイホーム建築は建築知識がない人が土地取引をしないと

トラブる可能性が高くなります。

高低差のある土地は、隣地との関係で同時建築が難しい場合も


高低差のある土地では、建築が簡単ではありません。

設計の内容によっては隣地が崩れることがあります。

事前に隣接地の所有者さんと調整しておかなければなりません。

隣地の方も同時に建築する場合は、高低差をよく確認しないと

難しいですね。

希望時期に建物が完成せず入居希望時に間に合わない


これはよく起こる現象です。

賃貸であれば、建物が完成するまで

解約の申し出をしないようにしましょう。

過去に転居できない場合住むところがない

お客様もいらっしゃいました。

事前にわかっていましたので

最優先で建築しました。

しかし契約書上では約束しなかったのです。

依頼先は本物の専門家?中野で実践的個別相談実施中


実際に専門的実務をした経験がない初心者の方には

広告で選定した人が本物の専門家かどうかは判断するのは

難しいですね。

個別相談していますので、ご利用ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
TEL:03-5942-7409

株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward