株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2018年09月14日
ブログ

中野サンプラザ建築後45年で建て直し決定 中野区大家さんの採算は?

本日の日経新聞によると中野駅の駅前のシンボル

中野サンプラザの解体が決定したようです。

中野サンプラザの立て直しをめぐって今年5月に中野区長選挙が

行われました。

多くの中野区民は立て直し反対のようでした。

無駄金をだれが負担するか?

無駄金の負担は普通は決定した人です。

区民と関係ないアリーナなどのイベント施設に生まれ代わる?

中野区民の意見も大きく分かれそーです。

区の施設は区民が使うことと採算が取れることの両立これが重要です。

今は少子高齢化時代です。税収も減る一方です。

ところが中野サンプラザは両方とも満たしているのでしょうか?

確かに二つの両立は大変難しいことです。

イベント会場は中野区の最重要な課題なのでしょうか?

 

中野サンプラザを参考に中野区の大家さんとの採算は?

建築後45年で解体?

解体の理由の一つに維持修繕費が高いこともあるようです。

自分が大家さんならどうでしょうか?

納得できませんね

たった45年しか使えないのです。

 

長期間の使用かのうな状態はプロの設計建設が重要です。

中野サンプラザが建築後45年しか使用できなかった原因は何でしょうか?

計画に問題があったこといでしょう。

 

企画、設計、建設のいずれかに問題があったのでしょう。

欠勤コンクリートは、最低60年以上は使用できないと問題になります。

住宅ローンは何年支払いますか?金利を含めて

賃貸事業の基本中の基本は将来の長期間の使用に耐えられる企画と設計力です。

やはり賃貸事業は、建築後長期間にわたって使用するものですので

将来の需要等の管理運用のプロが計画しないと

短期間しか使えないコツとなるでしょう。

今後は少子高齢化時代です。

長年の管理運用経験から個別相談実施中

不動産の管理運営の現場にいると賃貸事業は様々なことが

発生します。

これに耐え抜かないと長期間の運用はできません。

現金収支がよくなるのは、ローンを返済してからです。

個別に予約制で相談会を行っています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
大家さん,売主さんの悩み疑問解消します。相談無料です。
下記にあるフォームか、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
TEL:03-5942-7409

株式会社グローリーハウス
(東京都中野区新井2-2-1松本ビル)
代表取締役 森本和彦


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。

メール相談受付中!!

今すぐお電話の方はこちら

お悩みや疑問点あればお気軽にお問い合わせください。

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward