株式会社グローリーハウス
10:00~21:00
年中無休(年末年始除く)
2017年04月28日
ブログ

中野区杉並区不動産取引の疑問 なぜ不動産トラブルは発生するか?

不動産トラブルなぜ私に?

不動産トラブル解決の経験から

長く不動産トラブルを担当してきた経験からは起こるべくして起こっている感じがします。

連絡が不完全、約束が口頭で書面化されていない。確認不足。専門知識と経験不足、非常識

つまり専門知識と実践経験がある人が普通にきちんと行えばほぼ防止できるということです。

 

初めての人との取引

不動産取引の多くは全く初めての人との取引です。

考え方や持っている常識が全く異なっていて当然です。

このために具体的に様々な合意をするのが、契約書です。

契約書をひな形のまま使用するのは、トラブルを自ら引き起こしている

ようなものです。

 

省略されることの多い契約前の様々な協議が重要

長年不動産取引の現場にいて、契約書の意味を理解されていない方が多いのに

驚きます。

契約書とは合意事項を書き込むものです。

契約書作成に当たって重要なのは、様々な問題を協議し

合意事項を整理することです。

 

正確な連絡、報告

基本的に不動産業者に決定権はありません。一般素人である決定権者に正確に連絡報告しなければなりません。

電話、面談報告と書面報告を2重にする必要があります。

都合の悪い報告を行うことも当然です。

 

約束事は明確に具体的に書面化

約束は書面で明確に書き誰でもあとからでも確認できるようにすることです。

うそを言わない

うそを言わないこと

このことを実行するだけで高い確率で不動産トラブルは失せげます。

                                 

 

問題点に立ち向かう

問題が発生しても立ち向かい話し合いを行う姿勢がありば解決する可能性は多いものです。

逃げれば問題は大きくなるだけで

 

中野で実践相談会実施中

実際に問題が起きている場合は、自分で解決方法を見つけるのは

難しいのが現実です。

本来は事前に不動産取引の実態を知って契約前に注意するのが

一番です。

25年以上多くの不動産トラブルの解決に当たってきましたので

様々な一見気が付かない落とし穴をお話しします。

ご希望の方はメールかお電話で連絡ください。予約制で行っています。

   

                                           株式会社グローリーハウス

      代表取締役森本和彦

    電話  03-5942-7409

    メール morimoto@glory-house.co.jp

 

この記事を書いた人
森本 和彦 モリモト カズヒコ
森本 和彦
中野にある不動産会社グローリーハウスの代表 森本です。 キャッチフレーズはあるべき姿への挑戦。勤務時代会社内で責任者として行ってきたことをさらに充実します。 最近の大企業のお客様に不便な縦割りシステムへの挑戦です。真に信頼される不動産業者を目指します。
store

会社概要

株式会社グローリーハウス
arrow_upward